忙しい人でも利用しやすい外貨両替の宅配サービス|いつでも利用可能

男の人

資産運用は費用が掛かる

男性

効率のよい投資商品とは

将来を見越して資産運用に励む人が増えているこの頃ですが、少額から気軽に投資を行うことができる商品として人気があるのが投資信託です。投資信託とは多くの人から投資資金を集めてまとまった金額を一定のルールに従って運用会社が運用し、その成果を投資家に還元してくれる商品であり、運用会社のほかに、受託会社である信託銀行や販売会社である銀行や証券会社などが関係者として登場します。それぞれが無償でサービス提供をしているわけではないので、投資信託には申込手数料と信託報酬という大きく二つの費用がかかります。申込手数料は文字通り、購入時に一度だけ支払う費用でこれは販売会社に対して支払われます。一方の信託報酬は投資信託を保有している期間中継続して発生します。信託報酬は運用会社の運用報酬と販売会社の代行手数料から構成されますが、あまり深く意識する必要はないでしょう。さらに、投資信託を売却して利益が出た場合には、その利益に対して税金がかかってくることにも要注意です。多くの投資信託は株式型に分類されるため、特定口座で運用されている場合には利益の20パーセントが源泉徴収されることになります。総合口座の場合には源泉徴収されず全額が支払われますが、この場合には自分で確定申告して所定の金額を納税しなければなりません。基本的に税額はどの商品でも変わりませんが、信託報酬は商品ごとに異なります。報酬率が高いから悪い商品とは必ずしも言えませんが、例えば同じような運用を行う商品、特にインデックス型の投資信託で同じインデックスを参照しているものについては一般にリターンはほぼ変わらないため費用の安い方を選んだ方がよいとされています。お得な商品を見つけることで、より効率的に資産形成を図ることができます。